前へ
次へ

交通事故の注意点とスマホのながら運転

移動している最中は、あまりスマートフォンを使うべきでないと言われる事も多いです。
それには主に2つの理由があって、1つ目は交通事故の原因になり得るからです。
やや極端な例ですが、スマートフォンを操作しながら車を運転していると、何かに衝突してしまう可能性があるでしょう。
よそ見運転に近い状態になりますから、スマートフォンを使わない方が無難です。
何も自動車の運転手だけではありません。
歩行者も同様です。
その電話機を操作しながら歩くのは、少々危ないでしょう。
それともう1つは、交通事故の慰謝料が減ってしまうからです。
車が衝突してしまった時には、相手に対して慰謝料を請求する事もありますが、上述のながら運転は慰謝料に大きな影響を及ぼします。
上記でも触れた通り、スマートフォンを操作しながら移動するのは、かなり危険を伴います。
「危ない行動をしていた」と判断されてしまい、慰謝料が減ってしまうことも多いです。
ですから道を歩く時は、あまりスマートフォンは使わない方が良いでしょう。

Page Top