前へ
次へ

交通事故が物件事故処理されたが後遺障害がある

交通事故が起きた時に安易にしてしまいがちな対応として自分での示談でしょう。
タクシーなどが相手で明らかにタクシーが悪い時、数万円から10万円ぐらいで何とかならないかとその場で現金を渡されるときがあります。
車などの外傷も少なくその時に特に痛みなどが無いと10万円ももらえてラッキーとその話に乗る人もいるようです。
しかし後から後遺障害が出てその後治療が必要となると10万円以上かかるときもあります。
簡単な事故のようでもきちんと手続した方が良いでしょう。
軽い交通事故で起きがちなのが人身事故なのに物件処理されるケースで、その後に相手に損害賠償をするときに大きく影響します。
人身事故への変更ができるときもありますが、結局そのまま話を進めないといけないときもあります。
この時には人身事故証明書入手不能理由書を添付することで手続きができるときがあります。
実際にはけががあって後遺障害に対する損害賠償をしてもらうときに申請しておくと良いでしょう。

Page Top