前へ
次へ

交通事故が起きた際に大切な書類とは

交通事故が起きた場合、些細な内容であれば、当事者同士で話し合い解決しようとする場合もあるでしょう。
ただし、素人判断が後々で誤った内容となり、取り返しのつかない問題にもなりかねません。
交通事故が起きた場合は、些細な内容でも警察に事故を届け、交通事故証明書を発行してもらうのも大切です。
これは、出来るだけ早い方が望ましく、現場証拠が残っていないと認定するのに難しくなってくる場合もあるためです。
事故が起きた数日経った後、体に痛みが生じ始めても、因果関係の証明もできなくなってしまう可能性があります。
弁護士に依頼される場合も、この書類が有るのか無いのかの違いによって、弁護できる範囲が変わってきます。
この書類は、事故があった事実を認定する書類でもあり、後々、その様な事故はなかったと言い訳されずにもなるでしょう。
この書類は、保険金を受け取る際にも重要な書類であり、加害者や被害者にも大切な書類としての認識が必要です。

Page Top